「ホワイトハウスコックス」を代表する革、「ブライドルレザー」とは?

「ホワイトハウスコックス」を代表する革、「ブライドルレザー」とは?

「ホワイトハウスコックス」を代表する革、「ブライドルレザー」とは?

コブライドルレザーのコマイスターの長財布

「ホワイトハウスコックス」を代表する革、といえば「ブライドルレザー」といえるでしょう。

本物と言える「ブライドルレザー」を生産しているメーカーの数が減少しているのが現状です。

 

創業以来、「ホワイトハウス コックス」では、「ブライドルレザー」を英国内で生産しています。
染色や仕上げなど、独自のスペックでオーダーしたものを製品に使用しています。

 

徹底した厳しい品質管理も絶えず行われています。

 

ブライドルレザーに使用されるロウマテリアル(原皮)は、英国をはじめ欧州で探し求めた、最高グレードのカウハイドです。
強い耐久性を誇ります。

 

なめし方は樹皮や種子などの、自然のものを成分とした溶液に浸すフルベジタブルタンニングです。
約10週間もの時間をかけてなめされるのです。

 

その後、天然成分を多く配合した染料を使用してアニリンフィニッシュを行います。
なめされた革をブライドルグリースの中に浸すことによって、革の深部にタロー(獣脂)がしみ込んでいきます。

 

これらの作業にはかなりの手間がかかりますが、こうした工程を経て上質なブライドルレザーが完成されるのです。
ブライドルレザー製品の特徴の一つとして「ブルーム」があります。

 

ブライドルレザー特有のもので、革の表面にときどき現れる、白い粉状のもののことです。
お買い上げ頂いた直後や、長期間使用しない場合によく現れます。
ブルームは柔らかい布で磨いてあげるとか、ブラッシングすることで革の中に戻ります。

 

PS
ブライドルレザーなら国内最高級ジョージブライドルロイヤルウォレットがオススメです。

 

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
長財布トップ ラウンド長財布 小銭入れ付き長財布 小銭入れ無し長財布 長財布口コミ